TOEFL/GMAT スコアアップに向けた対策(独学)

さて、先日2回目のTOEFLを受けたら、スコアは93点であった。

前回の98からは早速下がってしまった…。とはいえ、正直そこまで手応えが

あったわけでもないため(むしろ出来は悪かった気がした…)、ある意味納得のいく結果ではあった。

 

今までは割と全般的な勉強しかしてこなかったが、そろそろ自身の弱みも見えてきて、ハイスコア獲得のためには、各分野をより深く勉強していく必要性を感じはじめたため、以下のとおり勉強法を変えてみることにした。1ヶ月で、成果が出ることを期待する。

 

1. TOEFL

Speaking

・前回ブログで書いたとおり、日々1分間のスピーチ×3を録画し、見直す。

MBA受験のアドバイザーと週一でSpeakingの練習をする。

・2週間に1回のスピーチクラブで、英語のスピーチをする。

 

Writing

・2−3日に一回、エッセイを2つ書き、受験アドバイザーに添削をしてもらう。

 お題は、下記サイトを参考にする。

TOEFL Writing Topics

 

Reading 

・語彙を増やす。単語帳は、以下を使用する。

 

 

改訂新版 TOEFL TEST 必須英単語5600(CD BOOK) | 林 功 |本 | 通販 | Amazon

 

Listening

・あまり良い教材が見つからず、対策検討中。他の科目の勉強をすれば、自然と上達する気もするが…。youtubeで参考になる動画を探しているので、見つかり次第ブログにUPする。

 

2. GMAT

今までは、繰り返しGmat official guide(下記リンク参照)をやってき、問題も覚えてきたが、英文の記事を見ていると、以下教材には、情報が古い、数学の問題が本番に比べ優しい、等の指摘があった。

Amazon.co.jp: The Official Guide for GMAT Review: Graduate Management Admission Council (GMAC): 洋書

 

また、本教材は入門書であり、本書だけで700点以上のハイスコアを獲得するのは困難であることが分かった。そこで、新たに以下3つの教材を追加で購入した。www.amazon.co.jp

Amazon CAPTCHA

www.amazon.co.jp

1ヶ月ほどで終える予定なので、内容については別途まとめて報告する。

海外MBA 良し悪し

海外にMBAを取りに行きたい、という話をすると、

1. コスパが悪い

2. 実務に役に立たない

というのは小生がよく聞くコメントのトップ2である。

けれども、本当にそうだろうか。

 

費用については、機会損失まで含めれば、3000万円ほどかかるという試算ができるのは理解できる。けれども、それは絶対的評価とは言えないのではないか。

そこで得る知識、人脈が場合によってはそれ以上の価値を生む可能性も0ではない。

そのポテンシャルについて定量的な評価をするのは難しいが、何が言いたいかというと、「結果は蓋を開けて見ないとわからない」ということだ。

 

評価する期間が短期か長期かによっても結果は変わるし、結局のところ本当の評価なんてのは、死ぬ直前になって振り返ってみてはじめて分かるものではないだろうか。

 

自分の決断の良し悪しを決めることは自分にしか出来ないので、

なるべく周囲に流されず、自分の決断を大事にしていきたいと思う今日この頃…

(本当は海外MBAの各校の特徴を書こうと思っていたが、とんでもなく脱線したのでそれはまた次回)。

 

 

動画は、MBAに全く関係ないイタズラ動画。結構笑える。

www.youtube.com

TOEFL受験/英語上達(Speaking)2

前回ブログで紹介した方式(自分の英語を録音し、聞き直す)、続けている(2日目だが…)。

 

自分の下手な英語を幾度も聞き返すのは、中々の苦痛である。

しかしながら、ポジティブな自分はこれを続けることで上達すると信じて止まないのでやめるつもりはない。

 

ちなみに、TOEFL Speakingの練習の材料として、頻出の例文が紹介されているサイトがあったので、以下に紹介する。これを1日1題1分×3続ければ、SpeakingのScoreが飛躍的に上がるのは間違いなし!? 

 

小生は年内のBusiness School出願を考えており、真面目に数ヶ月内の目標スコア達成を目指している(105-110)。効果については…乞うご期待!?

 

TOEFL受験/英語上達(Speaking)

さて、早速三日坊主になり気味なので少しだけ近況をアップデートしよう…

MBAの一つ目の壁であるTOEFL IBT(Internet based testだっけ?)を受けてきた。

結果は、98(Reading 29, Writing 21, Speaking/Listening 24)。

学生時代アメリカ留学前のベストが88だったから、仕事で使っていることもあり

少しは成長している模様…ただし、トップスクールを目指すのであれば105はほしい、

とどなたかのブログに書いてあったので、もう少し精進せねば…。

 

特にSpeaking については、おそらく多くの日本人が苦戦するところ…。

自身もスピーチ力向上のために、Toastmastersというクラブに参加して練習しているが、それでもやはりその場でお題を出され、1分間で喋る、というのは慣れていない人には難しい…。

 

そこで、youtubeでスピーチ力の磨き方という動画を見つけたので参考までに以下に

貼っておく。動画によると、毎日3分のスピーチ動画を撮って、見直し、練習を繰り返すのが良い、とのこと。単純で影響を受けやすい小生は、早速本日より開始した。

 


MBA取得を志す

MBAの出願から取得までの道のりについてブログに書き残すことにした。

当方はもうすぐ29歳の一児の父である。

 

まだ、勉強もあまり始めていないものの、とりあえず年内に長年の夢である海外MBA(おそらく私費…)へ出願することを決めたので、受験する中で

気の向くままに感じたこと、気づいたことを書いていきたい。